目元のたるみスッキリしたい!そんな人に知ってもらいたい情報

ピックアップ

鏡越しの女性

たるむ原因

結果があるからには、必ず原因があります。目元にたるみが出たという結果にも、その原因がどこかにあったはずなのです。まずはそのことを押さえておかなければ、私たちは悩みを解決することが出来ないでしょう。

詳細を読む

横顔

プチ治療

目元のたるみを治療する方法として、ひとつ「プチ治療」を挙げることが出来ます。クリニックでの治療の中でも、どちらかと言えば気軽に行って気軽にやってもらえる治療のことです。

詳細を読む

目元の若返り

目元アップ

老け顔の条件

「うーわ、老け顔だなー」と目の前の人に思われてしまう条件。早くも「その1」としてランクインしてくるのが、「目元のたるみ」です。「目は口ほどにモノを言う」という言葉がありますが、これはウソではないのです、人は目の動きひとつで感情を読まれてしまいますし、また逆に目配せに感情を込めることも出来ます。だから、人は相手の顔を見るとき、まず目を見るのです。目元は、人が相手について何がしかの判断をくだすときに、必ず見るところなのです。たとえば、「このひとは若いのか?それとも、オッサンもしくはオバサンなのか?」という判断も、目元を見てくだされてしまうというわけです。そういうわけで、堂々のランクインを果たしているのです。とはいえ、そういう説明をとつとつとしているばかりでは、話は何も進みません。「だから気をつけましょうね!」と呼びかけたところで、自然に目元にたるみが出てしまう人はいるのですから。つまりここで必要なのは、「たるみに気をつけましょうね!」ではなく、「たるみを治すためにはこうしましょう」という提案をすることなのです。

クリニックに行って

上の話を逆にするなら、目元さえスッキリと若々しく、ハリのある状態にしていけば、目の前の人に「うへえ、みごとな老け顔だわ」などと思われることはないということです。つまり、たるんでしまった目元を、どうにかこうにか治していけば、老け顔の汚名を着ることはないということを意味するわけです。もちろん、たるみというものは目元にだけ現れるものではありません。顎がたるむ、二の腕がたるむ、お腹がたるむ……人の身体はそこかしこがたるんでいく運命を背負っているとすら言えますが、その状況を改善することは出来るのです。たるみを解消して若返りをさせてくれる、クリニックの治療というものがあるのです。

美容外科を利用する場合の注意点

年齢と共に肌もどんどん衰えていきます。特に目元周りは相手に与える印象も変わってきてしまいます。ハリがあるピンとした目元では相手に対して若い印象を与え、たるみがちになってしまうと老けた印象を与えてしまいます。そんなたるみを取り除くなら美容外科を利用してみましょう。美容外科では色々な方法で目の周りのたるんだ皮膚を持ち上げてくれます。目の周りにメスを入れて脂肪を除去してリフトアップさせる方法や、目の周辺にヒアルロン酸を注入してリフトアップさせる方法など色々あります。自分がどんな方法で施術してもらいたいのか、しっかり検討し納得して施術を受ける必要があります。その為には、美容外科を選ぶ前にしっかりどういった施術内容のところか下調べする必要があります。

美容外科を選ぶ際のチェックポイント

色々ある美容外科の中から一つを選ぶのは結構大変です。ではどのようにして良い美容外科を選べば良いのでしょうか。まずは気になる美容外科のホームページをしっかりチェックしましょう。重要なのはどのような専門的知識を持ったドクターがいるかです。そのドクターの経歴や資格などをしっかりチェックしましょう。目元のたるみ取りと言ってもメスを使う場合もありますし、やはりそういったテクニックや技術をしっかり持ったドクターでなければ安心して任せる事が出来ません。新し美容外科だから設備が良いだろうと言うことで選ぶよりも、そのドクターのキャリアがどのくらいあるのかをしっかりチェックしてみましょう。そうすることでより良いドクターに巡り合う事が出来ます。そしてたるみのない素敵な目元を手に入れましょう。

オススメリンク

シワやたるみが気になる目元は美容整形を利用して、若々しい美肌に戻してもらいましょう!ハリのある肌になるので、化粧もしやすいですよ!

脂肪を除去

目元のたるみの原因である「脂肪」に、真っ向から対抗する治療の方法があります。クリニックで受けることが出来る「脱脂術」というもの。文字どおり、脂肪を脱させるという方法です。

詳細を読む

切らない治療

目元のたるみを治療する代表的な方法である「脱脂術」には、切らなくてもすむというものがあります。切って治すよりも、身体にかける負担を小さくすることが出来るという利点があります。

詳細を読む

予防

クリニックへ行って治療する前に、出来る「予防」の取り組み。それについても押さえておきましょう。目元に現れて老け顔を演出してしまうたるみを、身近なところから事前に防ぐという方法です。

詳細を読む

↑ PAGE TOP