目元のたるみスッキリしたい!そんな人に知ってもらいたい情報

たるむ原因

鏡越しの女性

内なる原因

目元のたるみというのは、何よりも、もちろん私たち自身が引き寄せてしまうものです。何しろ私たちの目元に、たるみが出てくるというわけですから、私たちの身体が原因を負っていないという理屈は成り立ちません。ハッキリ言って、それもこれも、何もかも、私たちがわるいのです。わるいのです。とはいえ、仕方のないこともあります。たとえば筋力の低下によってたるみが出てしまうという原因については、それは人にどうこうできるものではないというパターンがあるでしょう。特に、年をとるとそんなに大声を張り上げて笑うようなことも、怒るようなことも、驚くようなことも減っていきますから、表情が激しく変化しにくい。つまり、「表情筋」という顔の筋肉が衰えてしまうのです。また、内なる原因としては、「脂肪の増加」ということも理由のひとつとして挙げられます。眼窩脂肪という、目元の中でも眼球の下あたりに溜まっている脂肪の量が増え、しかも筋肉がパワーを失ってダラリとしてしまったことで、余計にたるみが出てしまうというパターンがあります。

生活習慣の原因

たるみは、筋肉や脂肪といった体内にあるものが原因となって引き起こされる現象ではありますが、お肌のケアに関する問題でもあります。目元のお肌がデロデロとたるんで垂れ下がってしまう状態が見苦しいので「老け顔」と見られてしまうわけですが、お肌がたるまないような生活をきちんと送っていれば、実はそうはならなかったかもしれないのです。たとえば、目元を含め人のお肌に深甚な影響をあたえるという紫外線。これを外出のたびにたっぷりと浴びているせいでお肌がダメージを受け、引き締めるものも引き締められなくなって、たるみを生じさせてしまうという場合があると言われています。目元の紫外線ケアを怠ることが、たるむ原因になるのです。

目元のたるみ取りには切らない方法もある

目元のたるみは、老けた印象に見える原因となります。美容外科での治療では、切らない治療があることも、豆知識として知っておくと良いでしょう。目の下を切らない方法とは、顔の表面をメスで切らないで、たるみの原因を除去する方法です。たるみとなっている余計な脂肪が無くなることで、見た目年齢が10歳は若返るとも言われています。治療としては1時間ほどで、目元をイキイキと若い印象にすることができます。まぶたの裏側が傷跡なので、表には傷が残ることはありません。余分な脂肪は、まぶたの裏側から除去することになります。へこみが気になるようであれば、脂肪注入という方法もあります。目の周辺は年齢を感じやすい部位ですから、肌質の改善治療を一緒に行うこともできます。

目元のたるみ治療はプラスの工夫も大切

目元のたるみを、美容外科で治療していくのであれば、手術跡を極力残さないような工夫を施してくれるクリニックを選ぶことです。この工夫が、傷跡を目立たなくさせますし、メンタル面にも影響を与えます。また、回復が早いような工夫も必要です。ドクターの技術の高さにもよりますから、目元のたるみを美容外科で解消するときには、ドクターとのカウンセリングも、しっかりと行うことです。創傷治療を早めるために、細胞成長因子を使用することもあります。これにより、真皮のコラーゲン生産を促進させることにもつながります。目の周辺は、体の中でも皮膚が薄いゾーンです。治療を受けるにしても、たるみを改善して、尚且つ目元に若々しい潤いを与えるような、メリットの多い治療を選択することです。