目元のたるみスッキリしたい!そんな人に知ってもらいたい情報

プチ治療

横顔

注射による治療

目元のたるみを治療するために、「注射を一発」という方法があります。効き目のある成分を注射によって目元に入れて、その作用によってたるみを消してしまおうという方法です。注射という気軽な方法で治せるというわけで、「プチ治療」のひとつとして分類することが出来ます。ただ、目元への注射によるたるみ治療は、いろいろな意味で「プチ」なので注意しましょう。たとえば、もう決定的にぷっくり膨れた目元の肌が、そのままでっぷりと垂れ下がっているというたるみには、注射を打っても無意味だというパターンがあります。つまり、たるみの中でも「軽いやつ」を治療するのに適しているものだということです。また、注射による効き目は、注入される成分の特徴がそうであることが理由なのですが、一生涯もつというわけではありません。その効果は期限付きであり、引き続き、定期的に駐車していくことが必要になるのです。

ヒアルロン酸の注射

たるみ治療に使われる成分として、注射器に詰められる代表的なものは、ヒアルロン酸。この成分を目元のたるんでいるところに注射すると、たるみがふっくらと解決するという流れになっています。そもそもヒアルロン酸とは、人の体内にあって、お肌のふっくらと若々しい感じを維持するために働いている成分なのです。たっぷりと水気を含んだスポンジのような役割を果たし、いつでもお肌をみずみずしい状態に保つことが出来ます。また、やわらかく弾力のある感じもヒアルロン酸のおかげで出ているのです。この成分は、目元をはじめ、年齢を重ねると反比例的に減少していく傾向にあるので、だからこそ、注射によって補うという治療が効果的なのです。

目元のたるみ治療の麻酔に工夫

美容外科での目元のたるみ治療は、皮膚がデリケートな部分だけに治療をするのにも緊張しがちです。シンプルな治療方法としては、ふくらみがある場合には、ふくらみを取る治療法があります。溝などのへこみがある場合でしたら、ヒアルロン酸などの注入で、埋めるという方法を取ることもできます。目元のたるみになっている、ふくらみを取る治療には、経結膜脱脂という皮膚を切らない方法もあります。部分的な麻酔をすることになりますが、麻酔には痛くない工夫をしています。目薬タイプの麻酔をはじめに使用することで、ある程度の痛みが取れるというメリットがあります。それから細い針を使って麻酔を打つので、若干の違和感はあっても、ほぼ痛みを感じません。

目元のたるみ治療はメスを使用しない

美容外科での目元のたるみ治療は、メスを使用しない方法もあります。今ではメスを使用しない、レーザー治療がトレンドです。光治療器やレーザーを用いて、皮膚の活性化を高める方法もあります。コラーゲンの生成を促進させる治療で、根本的な原因を改善していくやり方です。目元のたるみを取るといった方法もあります。メスは使用しないで、メソセラピーや下眼瞼脱脂術を用いて施術を行うやり方です。たるんでいる部分を、ふっくらさせることで、目立たなくさせる方法もあります。少女に合わせて、へこんだ部分に注入していくやり方です。多血小板血漿やヒアルロン酸などを注入していきます。段差を注入することでカバーしますから、たるみを目立たなくさせることができるという治療方法です