目元のたるみスッキリしたい!そんな人に知ってもらいたい情報

予防

正面を見る女性

目を鍛える

「目を鍛える」と言っても、視力を鍛えるという意味ではありません。「鍛える」という言葉から想像することが出来るように、そこで行われるのは筋肉を鍛えること。目元の筋肉を鍛え、たるみを解消しようということです。というか、日頃から目元の筋肉を鍛えておけば、そこにたるみが出てくることもないので、いわばこれは「予防」なのです。そもそも、目元にかぎらずたるみというのは身体のどこに現れるものであれ、脂肪を抑え、引き締めている筋肉とお肌が力を失うことによって起きる現象です。増える脂肪に押されて、デロデロと身体の外側にたるみが出てしまったとき、私たちは私たちの身体に悩んでしまうのです。お腹まわりや二の腕を鍛えるためのちょっとした筋トレや、目元をはじめとした顔のいたるところに走っている表情筋を鍛えるエクササイズなどは、ネットでもそのやり方を検索することが出来ます。

生活を見直すこと

表情筋を使わないことが目元のたるみにつながるということがあるので、それを予防するためには日頃から、表情筋を使うように心がけることが必要です。と言っても、大げさな何かをする必要はないのです。ちょっとしたエクササイズに加えて、生活の中でいくつか気をつけるべきことを押さえておけばいいわけです。たとえば、食事。顔を大きく動かす食事を心がけることで、たるむことを予防することが出来ます。どういうことかというと、柔らかいものばかりでなく固いものも、積極的に食べていくのです。おやつにマシュマロをやめておせんべいにするだけでもいいのです。そういうちょっとしたところから、予防は始まるのです。